院長ブログ一覧

地中海食と心筋梗塞予防: リヨン研究

7カ国研究によって「地中海地方では心筋梗塞の起こり方が少ない」ことが分かりました。そして、これには食事の違いが大きく影響していると考えられました。

もしこれが本当なら、地中海食は心筋梗塞の予防に使えるはずです。最初に地中海食を試したのは、リヨン心臓食研究です(Lancet 1994)。

対象は心筋梗塞を起こした605人で、心筋梗塞の再発や死亡を観察しています。地中海食はクレタ島の食事を目指し、「果物、野菜、魚を増やし、赤身肉を減らし、バターやクリームをキャノーラ油からとったマーガリンに換える」ことを勧めました(本来はオリーブ油ですが、オリーブ油が嫌いな人に配慮してキャノーラ油)。比較の対象は、米国心臓病学会提唱の心臓食です。

結果ですが、心筋梗塞、死亡とも地中海食で7割も少なくなりました。あまりに劇的な結果で、研究を延長することは倫理的な面から中止されました。


地中海に面した国は15以上あり、単一の地中海食はありません。そうすれば地中海食の何が心筋梗塞予防に効いたのかが大切です。いろいろ調べてみると、動脈硬化を減らしているのは単独の食品ではありませんでした。オリーブ油も有意差が出ず(p=0.14)、単独効果は少なかったのです(BMJ 1995)。このことがわかって、地中海食の研究では「地中海食の特徴がいくつ当てはまる」か、スコア計算するようになりました。

Trichopoulouらによる地中海食の特徴を紹介します。
 1. 一価不飽和脂肪酸/飽和脂肪酸の比が大きい*
 2. 中等度のアルコール消費(赤ワイン)
 3. 豆類が多い
 4. 穀類の消費が多い
 5. 果物、ナッツ類が多い
 6. 野菜が多い
 7. 魚が多い
 8. 肉類やその加工品が少ない
 9. 低〜中等度の乳製品(羊、ヤギ)消費


* 地中海食の一価不飽和脂肪酸は、オリーブ油に含まれるオレイン酸です。
* オリーブ油

一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸の割合が7-8割と豊富です。地中海地方で摂られているオリーブ油の量ですが、たとえばイタリアでは北部で26g/日、南部で49g/日ほど植物油を摂っています(Eur J Clin Nutr 1992)。すべてオリーブ油と仮定しますと、29-54ml/日、200-377ml/週のオリーブ油になります。

* キャノーラ油(食用菜種油)Canola oil

カナダで品種改良されたエルカ酸の少ない食用菜種油です。Can(ada) o(il) l(ow) a(cid) から名付けられました。一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸の割合は6割です。リヨン研究によって、オリーブ油の代わりになることがわかりました。



平成25年3月13日

7ヶ国研究と地中海食、日本食

健康食として地中海食が話題になることがあります。最近も、地中海食で死亡率、心筋梗塞が減るという論文が発表されました(NEJM2013)。そこで、地中海食についてお話したいと思います。まず地中海食研究のきっかけになった7ヶ国研究からご紹介します。

7ヶ国研究は正式には1958年から始まった国際共同研究です。コホート(対象集団)の数は全部で16です。アメリカから1つ、オランダから1つ、フィンランドから2つ、ギリシャから2つ、イタリアから3つ、旧ユーゴスラビアから5つ、日本から2つ(田主丸:久留米市田主丸町、牛深:熊本県天草市)のコホートが研究に参加しています。全部合わせると7ヶ国、対象が40-59歳の男性12,763人です。観察期間は〜25年間です。

この研究で明らかになったことは「冠動脈疾患の起こり方がコホートによって違うこと」です。日本、地中海諸国 < ヨーロッパ内陸部 < 米国 < 北欧  の順に起こりやすくなります。動脈硬化はコレステロール、年齢、血圧、喫煙、運動、体重と関連することがわかっています。そこでこれらのリスクで補正してみたのですが、結果は変わりません。単純な動脈硬化リスクで説明できない何かがあることがわかったのです。体質(遺伝)でしょうか、文化的背景(食事、運動を含む環境因子)でしょうか。最終的に、その何かは「食事」ではないかと考えられたのです。地中海食が注目されるようになったきっかけです。

日本も冠動脈疾患が低いのですが、その後の進展はあまりないようです。魚が多く、抗酸化物質の摂りかたが多いとされますが、注目のされ方は低いように思います。西洋食からずいぶんと外れていて、西洋諸国でそれ以上の研究がしにくいからでしょう。それでも彼らは日本食が気になるようです。


平成6年に神戸で国際糖尿病学会が開かれたとき、カナダのジェンキンスや米国のフランツがマイクを奪い合うようにして発言したのは、(1) 心筋梗塞の少ない日本の方が北米より食事療法が進んでいる。(2) 私たちは北米の食事療法を紹介するために来たのであって、私たちの真似をする必要はない。(3) 私たちは日本の食事が実際どうなっているかを見に来た、という事でした。米国の食事療法を日本より上位にみる必要はありません。


7ヶ国研究の日本のデータをみると、諸外国と違って高コレステロールのデータがありません。当時はコレステロールの高い日本人が少なかったためです。時代の違いを感じます。


平成25年3月11日

飽和脂肪酸とリノール酸

今回は飽和脂肪酸リノール酸(不飽和脂肪酸)のお話です。飽和脂肪酸は動物性脂肪に多く含まれ、不飽和脂肪酸は植物性脂肪に多く含まれています。脂肪酸は骨格に炭素のつながりを持ちますが、そのつながりの炭素結合が飽和しているのが飽和脂肪酸(水素で飽和)です。飽和していない炭素結合(二重結合や三重結合)を持つのが不飽和脂肪酸です。

飽和脂肪酸は動脈硬化を進めます。そのため、飽和脂肪酸を不飽和脂肪酸に換える食事療法が勧められてきました。この食事指導は1960年代に始まりました。当初は、不飽和脂肪酸はコレステロールを下げる脂肪酸としてひとからげで考えられていて、不飽和脂肪酸とリノール酸はほぼ同じ言葉として使われていました。リノール酸は必須脂肪酸の一つで食物から摂る必要があり、当時は身体に良い脂肪酸と考えられていました。

では飽和脂肪酸をリノール酸に置き換えるとどうなるのでしょうか。最近、飽和脂肪酸をリノール酸たっぷりの紅花油に変えた時の影響が報告されました(BMJ2013)。元々の研究は1966-1973年になされていて、そのデータを現代の解析法で再分析しています。


対象は心筋梗塞を起こしたばかりの人で、30-59歳の男性458人です。結論は、「飽和脂肪酸をリノール酸に変えると、総コレステロールが下がりました(リノール酸指導群281.3→243.9mg/dl、コントロール群は282.0→266.5mg/dl)。しかし、全死亡、心血管死、心臓死はリノール酸指導群で増加しました(それぞれのリスクは1.62、1.70、1.74)。

ここには2つのメッセージがあります。(1) 血中コレステロール濃度は動脈硬化を予測する指標にまったくなっていません。(2) リノール酸は飽和脂肪酸より身体に悪い。


リノール酸が身体に良くないことは以前から指摘されていますが、それを補強する論文です。メタ分析(多くの論文をまとめて分析)でもリノール酸が身体に良いという証拠はありません。みなさんもリノール酸を控えるように気をつけましょう。

注:紅花油(サフラワー油)ですが、昔はリノール酸の多い品種が使われていました。今はオレイン酸の多い品種に変わっています。


平成25年3月1日

果糖について

果糖と聞くと果物を連想してフレッシュでヘルシーなイメージがありますが、本当は身体にあまり良くない物質です。
 
化学式はブドウ糖と同じC6-H12-O6で、カロリーもブドウ糖と同じです。構造にケトン体を持つケトースですが、異性化によりアルドースに変化し、還元性をもちます。環状構造をとらない割合がブドウ糖よりも多く、ブドウ糖より反応性に富みます。約10倍も糖化反応が進むと言われています。食品加工では有用な反応(メイラード反応:食品のおいしさに関係します)ですが、生体にとっては望ましくありません。

果糖は消化管から吸収されると、肝臓で直ちに代謝されます。

ATP + 果糖 → ADP + (果糖-1-リン酸)

この代謝はとても速く、細胞内のATPをかなり消費してまで反応を進めます。反応性に富む果糖を早くなくすための合目的な努力です。このときATPの消費が大きくなると、ATPの再合成が追いつかなくなり、ATPの分解が亢進して尿酸が増加します。実際、果糖の摂取が多くなると痛風が増えることが報告されています(BMJ2008)。この論文では果糖を多く含む果物(リンゴやオレンジ)でも痛風リスクが増加することを報告しています。

ATP:プリン体の一種で、生体内ではエネルギー貯蔵物質として働いています。分解すれば、最終的に尿酸になります。
果物には栄養学的に良いところがありますので、「果物を控えましょう」と短絡しないよう、お願いします。


平成25年2月22日