院長ブログ一覧

糖尿病の歴史13 (血液も甘い 1775年)

マチュー ドブソンは英国リバプールの内科医です。彼も糖尿病患者の尿(ピーター ディッコンソン、1日に15Lの尿!)を乾燥させ、尿に甘さ物質が含まれていることを確認しました(1775)。彼の偉いところは、血液も甘いことに気づいたことです。甘さのもとが血液の中にあるなら、糖尿病は腎臓の病気ではありません。では甘さはどこからきたのでしょうか。ドブソンは「甘さは胃で発酵されて産生された」と考え、糖尿病は胃の病気!と主張しました。


8オンスの血液を採取し、しばらく置くと次の様相が現れる。。。血清は白濁し、チーズ乳清のごとくである。血清は甘いが、尿ほど甘くないと思った。

糖尿病が体質の病気であり、ある意味で不完全な消化・同化の病態と考えられるなら、その治療法は消化力を高め、完全な同化反応を確立することにあるのは明らかだ。


血糖は尿糖に比べて格段に薄いので、よほど高血糖にならないと甘味を感じません。先ほど紹介したフランシス ホームは、「自分も舐めてみたが患者の血液は甘くなく、甘さ物質の出所は腎臓」としています(=糖尿病は腎臓の病気)。この問題に最終決着をつけたのはジョージ オゥエン リース(1813-1889)です。彼は1838年に糖尿病患者の血液からいかにして尿糖が出るかを証明しました。


平成27年5月12日

糖尿病の歴史12 (病名に甘さが加わる)

糖尿病は、英語で "diabetes mellitus" といいます。初めの単語 "diabetes" は、カッパドキアのアレタイオスが説明したようにギリシア語に由来します。「dia は〜を通して」、「betes は行く」、であり、”diabetes” は「留まらずに通り抜ける」という意味です。つまり、「液体が身体の中に留まることがなく、身体を梯子のように使う」です。では次の単語 "mellitus(蜂蜜のように甘い)"という言葉はいつ、どのようにつけられたのでしょうか。

おしっこがたくさん出る病気はいくつかあります。糖尿病はその代表ですが、ほかに尿崩症という病気があります。尿崩症は頭の中(下垂体後葉)で作られる抗利尿ホルモンが不足して起こる病気です。おしっこを濃くすることが出来なくなり、尿量が増えます。尿糖は出ませんので、おしっこを舐めても甘くありません。「おしっこの味がちがうぞ」ということで、2つの病気が区別されるようになり、病名も2つに分けられました。diabetes insipidus (尿崩症)とdiabtes mellitus(糖尿病)です。insipidusは「味気ない、無味」という意味です。

誰が最初に "mellitus" をくっつけたのかはよくわかりません。いろいろな説があり、その一人がウィリアム カレンです。カレンはスコットランドの医師・化学者・農業者です。エーテル気化による温度低下を利用して少量の氷を作り(1755年)、冷凍技術の父と呼ばれる人です。

少し脱線しますが、アルコールは抗利尿ホルモンの出方を抑えます。ビールのような水分の多いアルコール飲料であっても、飲んだ量を超えるおしっこが出て、脱水になります。アルコールを摂ったときは努めて水分を補給するようにしましょう。


平成27年5月9日

糖尿病の歴史11 (おしっこの味)

糖尿病で尿糖が出ることはアジアでは古くから知られていました。古代インドの糖尿病で紹介したスシュルタ(600BC)は、「尿を舐めて糖尿病を診断する」、「尿にアリが集まる」と書いています。中国の外台秘要(752)でも「小便甜きに至る」と記載されています。ところがヨーロッパでは17世紀に至るまで誰も尿糖を知りませんでした。最初に尿を舐めたのはトーマス ウィリス(1621-75)です。

糖尿病は古代まれな疾患で、ガレノスは2人しか診ていない。最近、糖尿病が増えている。 <中略> 多くの人が「飲んだ液体がそのまま尿に出る」と考えているが、真実からほど遠い。なぜなら私の知る尿は全て、また全ての尿でそう信じるが、飲んだ液体と異なっている。また体内で生じる液体とも異なっている。尿は蜂蜜か砂糖で漬け込んだように素晴らしく甘い。(Pharmaceutice rationalis 1681)


ウィリスは尿が甘いことに気づきますが、糖を含んでいると考えませんでした。1817年出版の「アメリカ現代臨床」(サッチャー)にも、第41章糖尿病および他の泌尿器疾患に「サッカリン物質 (saccharine matter) の生成を防ぎ、胃の亢進作用を抑える処方」と書かれています。この時代にあっても「サッカリン物質」であり、糖でないことに驚きます(胃の亢進作用というのは、糖尿病が胃の病気と考えられたことに起因します)。

フランシス ホーム(1719-1813)は、「糖尿病患者の尿に酵母を入れると発酵する。最初は甘く、最後は甘みがなくなり、スモールビールの味がする」と観察しました。スモールビールは、二番麦汁から作ったビールのことです。酵母発酵で甘味がなくなる(糖が消費される)ことは、尿糖測定に用いられるようになります(後述予定)。ホームは麻疹(はしか)が患者血液内の感染性病原体によっておこることを発見し、ジェンナーに先立つこと半世紀前に麻疹ワクチンを試みた人です。


平成27年4月17日

糖尿病の歴史10 (中世ヨーロッパの尿検査)

血糖が尿糖排泄閾値を超えて高くなると、尿に糖が出ます。しかしながらヨーロッパでは尿糖はなかなか知られませんでした。あのパラケルススも糖に考えが及んでいません。中世ヨーロッパで行われていた尿検査は主に色をみています。今回は尿の色検査(ウロスコピー)について紹介します。

ウロスコピーはまず特別な尿フラスコを用意します。尿フラスコは「厚さが均一、かつ色のついてない透明な瓶」で、上がすぼまっています。患者はこれに尿をとり、医師はその色をみて病気を診断します。置いておくと尿が濃くなり、温度の変化もあって色調が変化しますので、わりと速やかに検査を行います。尿の色をみることは、古代エジプト医学から始まっていますが、中世ヨーロッパ医学で強調されました。

中世ヨーロッパ医学の主流は四体液説です。四体液説は、4種類の体液(血液、粘液、黄胆汁、黒胆汁)に変調が起きた時に病気が生じると考える説です(ヒポクラテスの項参照)。この説に従えば、「尿は体内と直接に接触しており、とくに色は四体液と密接に関連している。それ故に尿は個人の健康状態を示す」と考えられます。尿の色はとても大切なのです。

ウロスコピーは大流行し、尿だけで病気の鑑別、年齢・性別さらには未来までわかるとされました。いくらなんでも行き過ぎですね。これに反対して大きな声を上げたのが、英国のブライアンです。彼は臨床経験が10年に満たない医師でしたが、1637年に「尿予言あるいはある尿瓶講義」という本を書きました。批判対象は、ウロスコピーを尿予言として扱って診療する人たち(藪医者、経験主義者)です。

少し脱線します。この本は表紙をみていてもなかなか面白く、「今まで英語を話す人によって出版されたことがない」とか「ロンドン居住、今はエセックスのコルチェスターに居住」とか書いています。今だったら本の帯に載る宣伝文でしょうし、新旧の居住場所まで書くんですね。藪医者はクワックと記され、こっそり使われるべき隠語が堂々と表紙に使われています(クワック→ガチョウの鳴き声→英語でダック→ドクターです)。

12章の扉には「尿だけで病気の診断をしてはならないこと。病人がどのように病気になったのか厳密に診察し、この卑しい習慣(尿予言)がいかにでてきたのかを知らないで、尿の判断をしてはならないこと」とあります。検査だけをみていてはだめですよ、という彼の言葉は今も当てはまります。


平成27年4月3日