院長ログ

どの程度の食塩摂取が健康に良いか (4)

次はTOHP研究(Circulation 2014)です。

この研究は米国で行われ、「第1相と第2相TOHP研究」終了後の追跡データを基にしています。全2275人で、193人に心血管系疾患が起こっています。

米国のナトリウム摂取ガイドライン推奨量は2.3g(食塩5.8g)未満と厳しく、黒人や高齢者、高血圧、糖尿病、腎障害など成人の半数はさらに厳しくて1.5g(食塩3.8g)未満です。この論文によると、米国人の1日ナトリウム排泄の中央値は3.63g(食塩9.2g相当)。同1.5g未満が1.4%、 2.3g未満が10%で、ガイドライン通りに厳しく減塩できている人はあまりいません。

心血管系疾患リスクですが、3.6-4.8g(食塩9.1-12.2g)の群を基準にしますと、2.3g未満の群で32%低く、1g増加ごとに17%リスクが増えて、リスクはU字型ではありませんでした

TOHP研究は1日ナトリウム排泄量を調べるのに朝スポット尿でなく24時間蓄尿を行い、それを3-7回繰り返しています。これまでの研究でリスクがU字型を呈したのは1回の早朝スポット尿で検査したからだと著者らは考えています。といっても、これまで24時間蓄尿あるいは複数回の24時間蓄尿検査を用いてリスクがU字型を呈した成績もあり、追試が必要かもしれません。

厳格な減塩は心血管系疾患のリスクを減らすのに有効ですが、達成はなかなか困難であることも見えてきます。


平成28年7月20日

一覧に戻る