院長ブログ一覧

人類最初のころの炭水化物

現生人類は〜20万年前にアフリカで生まれ〜5万年前にアフリカを出て世界中にひろがっていきました。アフリカを出たのは少人数で、1回(せいぜい数回まで)のできごとだったと考えられています。これは考古学とミトコンドリア遺伝子、Y染色体遺伝子の研究で確かめられています。
 
農業が始まる以前は、狩猟・採集が食べ物の獲得手段でした。この頃の人類は穀類をあまり食べず、動物性食品がほとんどだっただろう、と考えがちです。しかし実際は炭水化物をけっこう食べていたようです。澱粉は残りにくく遺跡から検出することが難しいのですが、いろいろ発見されています。

10万5000年前の遺跡(アフリカのモザンビーク)から澱粉顆粒が回収されています。人類がアフリカ大陸を出て全世界に広がるより前の時代です。3万年前になると、石器に付着した澱粉顆粒がヨーロッパ中で見つかっています。クロマニヨン人(4〜1万年前)は肉、野生の穀類、人参、赤カブ、玉葱、カブなどを含む食事を食べていたと考えられています。なかなかのバランス食です。

アジアにおいても4万年前の遺跡(ボルネオ)から、住民が植物の灰汁抜きの技術をもっていたことが発見されています。加工しないと食べられない植物まで食べていたようです。狩猟・採集時代の炭水化物の割合は思ったより多く、考古学者は22-40%と推定しています。

人類が定住を始めたのが1万5000年くらい前で、近東のナトゥフ文化がその代表です。ナトゥフ人は穀草を脱穀して貯蔵していました。前農業期の技術です。

そして1万500年くらい前に農業が始まりました。まずアインコルン(古代小麦の一つで一粒系)がトルコで栽培化されました。そしてシリアでエンマー小麦(古代小麦で二粒系)が、ライ麦と大麦が肥沃な三ケ月地帯で栽培化されました。イネの栽培化は雲南ではなく、中国の珠江中流域のようです。

農業の開始によって食べ物の中の炭水化物の割合が多くなりました。それと共に遺伝子変化が起こっています。ヨーロッパ、アジア、アフリカ人のインスリン調節に関わる遺伝子変異(TCF7L2のHapA変異)は、その変異が起こった時期がそれぞれの集団の農業の始まりとほぼ一致しているそうです(nature genetics2007)。この変異は正の淘汰を受けていて、食環境の変化に伴う適応と提案されています。

注:

食生活が遺伝子を変化させ、適応した遺伝子が急速に拡がることがあります。もっとも有名なのが乳糖耐性の遺伝子です。8000年前に近東で牛が家畜化され、牛乳が手に入るようになりました。牧畜をヨーロッパに広めたのはファンネル・ビーカー文化で、5000〜6000年前です。乳糖耐性遺伝子の正の淘汰が始まったのは、遺伝子学からみると5000〜1万年前です。この2つの年代は、ほぼ一致しています。そして現在、乳糖耐性遺伝子は世界的に拡がっています。

農業以前の炭水化物比率、食事内容がそのまま現代の健康食とは限りません。低炭水化物食の根拠にあげる人がいますが、当時の食事内容が現代人の寿命を伸ばすかどうかは、別問題です。



平成25年1月19日

サンドラットのお話

イスラエルの砂漠にサンドラットという動物がいます。サンドラットは餌が自由に食べられるように飼うと糖尿病になります。自然界にいるときの量に餌を制限すると糖尿病が治ります。

餌の少ない過酷な環境に適応した動物が、食べ物がふんだんにある環境になるとどうなるかをよく示しています。ヒトではどうでしょうか。

米国アリゾナにピマインディアンが住んでいます。ピマインディアンは糖尿病が多いことで有名な部族です。しかし昔から糖尿病が多かったわけではありません。1900年過ぎに水が出なくなって農業ができなくなりました。政府から補助金が出るようになり、働かなくて食べられるようになりました。西欧化した食事の影響もあり、肥満が増えて糖尿病も増えたのです。今は成人の38%が糖尿病です。

ピマインディアンはメキシコにも住んでいます。こちらは伝統的生活を営んでいます。糖尿病の人は少なく、わずか6.9%です。

ピマインディアンは倹約遺伝子を持っています。倹約遺伝子は少ないカロリーで生きていくために適応(変化)した遺伝子です。食べ物の少ない環境ではエリート遺伝子ですが、飽食環境ではメタボリックシンドロームを引き起こす遺伝子です。

日本人も飢饉を何度も経験していて過酷な環境に適応しています。ピマインディアン と同じように倹約遺伝子を持つ人が多いことが知られています。あまり食べていないのに太ると言われる方は、もしかすると倹約遺伝子を持っているかもしれません。自分の体質が倹約遺伝子を持つと思われる人は、どうぞ十分に生活管理に気を配ってください。

注:倹約遺伝子の検査は保健がききませんので、検査自体はあまりお勧めしていません。


平成24年12月31日

糖尿病性網膜症による失明

糖尿病は失明に至る病気です。失明する病気は緑内障が第1位であり、糖尿病は第2位と言われています。しかしどれだけの人が糖尿病で失明しているか実はよくわかっていません。糖尿病による失明は、1988年視覚障害の疾病調査研究で約3000人です。社会福祉行政業務報告では、2006年で2679人2009年で2221人です。

視覚障害認定交付に基づく報告では、障害認定を申請しない人は数に入りません。本当の失明者数を調べるには、しらみつぶしに住民を調べる必要があります。全員を調べることはできませんので、ある地域で抽出した住民をその地域人口の代表として調べることになります。人口を基礎とした疫学調査です。

この方法で行われた眼科調査に多治見スタディ(2000〜2001)があります(Ophthalmology 113:1354―1362, 2006)。この調査では、40歳以上の日本人の失明率は0.14%、低視力率は0.39%です。これは世界的にみて低いそうです。

疫学調査による評価は、上に述べた一般的見解と大きく異なります。失明原因のトップは白内障で、次が緑内障、強度近視です。糖尿病性網膜症による失明は上位にきません。WHO基準による低視力(視力:0.05〜0.3)では、糖尿病は6位(5.3%)です。同基準による失明(視力:〜0.05)では、不明まで含めた17位までにありません。日本の人口(40歳以上)を単純に掛けますと、糖尿病による低視力者は全国で約15,000人になります。

最近の糖尿病網膜症の治療は網膜外科から網膜内科へ変遷しつつあるそうです。侵襲(身体を傷つけること)が少ない治療法が進歩し、失明者がさらに少なくなることを祈ります。


平成24年11月30日

糖尿病増加のあれこれ

平成23年の日本の糖尿病人口は1067万4320人と多く、日本は世界第6位の糖尿病大国です。国際糖尿病連合(IDF)によると、2011年現在で世界の糖尿病人口は約3億6600万人、さらに2030年(〜20年後)には約5億5200万人に達するそうです。糖尿病は世界的に大変な勢いで増え続けるようです。

糖尿病人口の上位3ヶ国は中国、インド、米国です。2030年の予測でも順位は変わりません。
さて2030年の日本はどう予測されているでしょうか。IDFの予測では、日本はワースト10から外れます(10位はパキスタンで1140万人)。どうも歯止めがかかるようです。

健康日本21という国民健康づくり運動がありました。昨年(平成23年)に最終評価が行われています。糖尿病の項を読みますと、(1) 糖尿病を持つ人の数は増加傾向にあるが、年齢別にみると有意な上昇はない、(2) 糖尿病予備軍の増加が問題であるとなっています。

今の糖尿病有病者数の増加は主に高齢化に伴うものだそうです。平成22年における糖尿病有病者数は目標値(1000万人)を下回り、糖尿病増加を抑制する目標は達成したと結論しています。心筋梗塞などの心血管系の合併症は糖尿病予備軍から増加しますので、必ずしも喜んでいられないのですが、どうやら歯止めはかかりつつあるようです。


吹田市の糖尿病人口はどうでしょうか。単純に有病率11.20%(20-79歳)で計算すると3万人を少し超えます。これは吹田市の人口構成が日本平均と同じと仮定したときの数字です。

もう少し詳しく計算してみます。糖尿病の有病率は男女で、また年齢によって大きく異なります。そこで吹田市の人口構成をもとに糖尿病人口の計算を試みましたが、性別かつ年齢層別にまとめた統計がHPで見つかりませんでした。かわりに男女を合わせた年齢層別の統計がありましたので、これをもとに計算してみました。そうすると吹田市の糖尿病人口は約2万4000人と計算されました

どちらにしても、かなり多い数字です。糖尿病は予防できますので、糖尿病でない方はぜひ予防に努めてください。


平成24年11月25日