院長ブログ一覧

トランス脂肪酸が規制され、何が増えたか

前回お示ししたのは、まだトランス脂肪酸が規制されていない時の成績です。その後、あちこちの国で規制が始まりました(我が国ではまだ規制されていません)。

米国、リトアニア、チェコ、ポーランド、ハンガリーで、脂肪酸の割合が規制前後でどのように変わったかを検討した成績がありますので、紹介します(NEJM2009)。


19食品を大きなスーパーやファーストフードの店で2005-2008年に買っています。フレンチフライを例にとります。全脂肪に占める各脂肪酸の割合ですが、各国の値を平均するとトランス脂肪酸は18%ほど減っています。一価不飽和脂肪酸は0%で、変わりません。飽和脂肪酸も0%で、変わりません。多価飽和脂肪酸は19%ほど増えています。

トランス脂肪酸の規制によって、身体に悪い飽和脂肪酸が増えるかもしれないと危惧されていましたが、実際は増えなかったようです。

ケーキ、クッキーでは米国は飽和脂肪酸が100%近くまで増えています(良くない!)。他国ではそれほど極端でなく、望ましい変化になっています。


米国のスーパーマーケットの食品、レストランを対象に、トランス脂肪酸規制前後で脂肪酸の割合がどのように変わったかを検討した論文もあります(NEJM2010)。2008-2009年の成績を1993-2006年の成績と比較しています。


スーパーの商品(58食品)では、トランス脂肪酸は2.1gから0.3gに、飽和脂肪酸は1.9gから2.6gに、「トランス脂肪酸+飽和脂肪酸」は4.0gから2.8g になっています。レストラン(25軒)の食事では、トランス脂肪酸は3.5gから0.2g、飽和脂肪酸は6.4gから5.8g、「トランス脂肪酸+飽和脂肪酸」は9.9gから6.1g になっています。


2つの論文から見えることは(例外はありますが)、トランス脂肪酸の規制は飽和脂肪酸をあまり増やさず、望ましい方向に働いたことです。我が国でもそうあって欲しいものです。


平成25年4月25日

ファーストフードのトランス脂肪酸(規制前)

今回は、マクドナルドとケンタッキーフライドチキン(KFC)トランス脂肪酸量についてです。
2004-2005年に実際にお店で買った食品を測定して、国別に評価しています(NEJM2006)。
この時点ではトランス脂肪酸を規制している国はごく少数で、規制前の値です(注:我が国では現時点でトランス脂肪酸を規制していません)。

同じチェーン店でも、トランス脂肪酸の含量は国によってまったく異なります。たとえばフレンチフライ171gチキン160gを食べたとします。そうすると、デンマークやドイツでは1g未満、ニューヨークでは10g(以上、マクドナルド)、ハンガリーでは24g(KFC)のトランス脂肪酸を摂ったことになります。

マクドナルドでフレンチフライに使われる調理油のトランス脂肪酸含量は、米国店、ペルー店で23%、24%と多く、多くのヨーロッパ諸国では10%程度。スペインでは5%、デンマークでは1%と少な目です。

KFCでは30%を超える油をフレンチフライに使用している店もあります。ハンガリー、ポーランド、ペルーでは35%、42%、31%もトランス脂肪酸を含んでいます。デンマーク、ドイツのウィスバーデンで少なく、2%、1%です(同じ国内でも異なり、ドイツのハンブルグでは7%と多めです)。

この論文では、我が国の値が測定されていないのが残念です。


平成25年4月24日 

トランス脂肪酸と飽和脂肪酸

マーガリンやショートニングには、トランス脂肪酸が含まれています。トランス脂肪酸は炭素(C)の二重結合の部位で、水素(H)の結び付き方が互い違いになっていものを言います。トランス脂肪酸は液体である植物油を固めるときにできます。


トランス脂肪酸(TF)は動脈硬化を促進します。この知識が広まると、トランス脂肪酸が少ない食品に人気が集まります。そうすると食品会社もトランス脂肪酸が少ない商品を宣伝するようになります。

ある製パン会社の広告をみると、「トランス脂肪酸を減らす努力をしています。かわりに、飽和脂肪酸を多く含むパーム油使用比率を高めています」とあります。ところがパーム油はパルミチン酸(炭素数16の飽和脂肪酸)を多く含んでいて動脈硬化を促進する可能性があります(100g中41.8g含まれています)。

調理油の種類と心筋梗塞のリスクを検討した成績があります。


この論文(J Nutr2005)では、(1) トランス脂肪酸が多い大豆油(トランス脂肪酸が22%)、(2) トランス脂肪酸が少ない大豆油(トランス脂肪酸が5%)、(3) パーム油 の3つを比較しています。

対象は心筋梗塞を起こした人(2111人)で、同数の対照者をマッチさせています。結果は、パーム油を使用している人は、トランス脂肪酸の少ない大豆油を使用している人に比べて、心筋梗塞の起こり方が 1.33倍に増えました(結論:パーム油は動脈硬化を促進する)。パーム油を使用している人と、トランス脂肪酸の多い大豆油を使用している人では心筋梗塞のリスクは同じでした。
    
大豆油(TF5%) < 大豆油(TF22%) = パーム油


トランス脂肪酸を減らしても、飽和脂肪酸が増えると良くありません。米国の主要スーパーの商品、レストランでは、規制後に「トランス脂肪酸」だけでなく、「トランス脂肪酸と飽和脂肪酸の総量」が減少したと報告されています(N Engl J Med 2010)(注:本当は飽和脂肪酸の種類も大切です)。ノルウェーの食品産業では、トランス脂肪酸と飽和脂肪酸がコレステロールに与える計算式を用いて食品の健康度を推し量っています(Lipids 2001、この計算式は飽和脂肪酸の種類も考えています)。

我が国の食品会社もこういった検討をして欲しいと思います。


平成25年4月15日

SGLT2阻害剤について

今回は糖尿病の新しい薬、SGLT2阻害剤(開発中)を紹介します。SGLT2阻害剤は尿糖を増やすことによって、血糖を下げる薬です。体重も下がります。

腎臓が糸球体で血液をろ過する時、血液中のブドウ糖(グルコース)はいったん尿(原尿)に出ます。このブドウ糖は尿細管で再吸収され、最終尿にはブドウ糖が出ない仕組みになっています。このブドウ糖再吸収に関わっているのが、Na-グルコース共輸送体2:SGLT2です。SGLT2阻害剤はこのSGLT2を抑える薬です。

SGLT2に生まれつき異常がある人がいますが、尿糖以外に大きな問題がありません。ですから、SGLT2を抑えても大きな副作用は出ないだろうと予想されています。

SGLT2阻害剤はもうすぐ使えそうです。ヨーロッパでは、昨年11月にダパグリフロジンが承認されました。米国では今年の4月にカナグリフロジンが承認されました(ダパグリフロジンは米国では不承認:発がん性の検討が不十分との理由)。我が国ではイプラグリフロジンが3月に申請されています。

開発には日本の会社が結構頑張っていて、カナグリフロジンは田辺三菱製薬、イプラグリフロジンはアステラス/寿製薬が創薬しています(ダパグリフロジンは、ブリストル・マイヤーズスクイブ/アストラゼネカ)。SGLT2阻害剤の主な副作用は尿糖増加による感染症(膣炎、膀胱炎)、尿量増加に伴う脱水症状です。


平成25年4月11日

追記:
SGLT2阻害薬は、田辺三菱製薬の人たち(荒川さん他)が基礎的研究を行いました(平成26年度日本薬学会創薬科学賞を受賞)。そこに大阪大学の金井先生がSGLT2遺伝子のクローニングを発表し、一気に製薬競争が始まりました。