院長ブログ一覧

糖尿病の歴史24 膵臓研究事始め (2)

はっきりと膵臓をリンパ節と区別して記述したのはヘロフィロス(335〜280BC)です。ヘロフィロスはカルケドン(トルコ)に生まれ、アレクサンドリア(エジプト)に移住し、エラシストラトスと共にアレクサンドリア医学校を創設します。彼はその地で系統的な科学的解剖を行います。それもエジプト王の許可を得て、600人ほどの囚人を生きたまま解剖したといわれています。当時のエジプトはプトレマイオス朝:アレキサンダー大王の死後に部下のプトレマイオス(マケドニア人)が創始したギリシア系王朝で、許可を与えた王はプトレマイオス1世 ソーテール、および彼の息子プトレマイオス2世ピラデルポスです。


食物は胃から腸に運ばれ、そこに肝から胆汁が到着して加わる。別の腺(注: 膵臓)からも唾液腺と同じく粘性のある液体が到着して加わり、消化に役立っている。(ヘロフィロス、エウダモス)


この記載は正しく、のちのガレノス(129-210AD)が間違います。ヘロフィロスの解剖は画期的なものでした。中世は解剖があまり行われず、次に学問的解剖が行われるのは1600年後です(ヴェサリウス1514-1564)。ヘロフィロスは「運動と健康な食事が個人の健康に不可欠である」との信念を持っていました。「健康でないなら、智慧は現われず、美も顕れない。力が発揮できず、富は役立たずとなり、理性も力がなくなる」と述べています。

膵臓(パンクレアス)の名付け親は、エフェサスのルーフス(紀元100年頃、ギリシア)とされます。彼はヘロフィロスからさらに400年後、「全て+肉」の意味を込めてpan+kreas パンクレアスと名付けました。実はパンクレアスという言葉自体は彼以前からあり、ルーフスの評価は「膵臓をリンパ節と区別」してパンクレアスと呼んだことにあります。

ガレノスは膵臓をカリクレアス(kalikreas)と呼びました。美しい肉という意味です。彼は「膵臓はその後ろにある大血管を保護するクッションの役目をしている」と考えました。この誤った考えは17世紀まで受け継がれます。


平成27年8月20日

糖尿病の歴史23 膵臓研究事始め (1)

「糖尿病の歴史」もいよいよ膵臓の話に入ります。

膵臓は、(1) 消化酵素を含む膵液を十二指腸に分泌して消化を助け、(2) インスリンを血中に分泌して血糖を下げる働きをしています。膵臓は胃の後ろにあって分かりにくい臓器です。中国医学では全く知られておらず、膵という漢字も我が国で江戸時代に作られました。しかし西洋医学では働きはともかく、存在そのものは古くから知られていたようです(ハワード、ヘス)。

ヒポクラテス(紀元前460年頃)は膵臓を見ていた可能性があります。彼の時代はリンパ節と呼ばれていました。ヒポクラテスによると、腺に2種類あり、それは皮下組織にあるもの(毛を伴なう腺)と、それ以外の場所にあるもの(毛を伴なわない腺)であり、後者に膵臓らしき記述があります。


耳の周囲や頚静脈の上に腺がある。近辺に毛がある。腋窩にも毛をもつ腺があり、鼠径部、恥部にも腺がある。腸など身体の他の部分にある腺、また大網に非常に大きな腺があって他の部位の腺よりはるかに大きいが、これらの腺は毛を持たない。


大網は胃などの臓器を取り囲むように存在する腹膜の一部を指す解剖用語です。残念ながら「大網の腺」が膵臓であるかリンパ節であるか、この記載からは定かでありません。


平成27年8月10日

1