院長ブログ一覧

LookAHEAD研究について

LookAHEAD研究は、肥満あるいは過体重の2型糖尿病患者を対象にした生活習慣介入試験です。昨年に中止されたばかりの研究で、今年6月の米国糖尿病学会で発表されました。論文も発表(NEJM2013)されましたので、紹介します。



LookAHEAD研究の概要
米国16施設で施行された研究で、5145人の肥満あるいは過体重の2型糖尿病患者が対象です。少なくとも7%の減量を目指して、カロリー制限と運動で生活習慣に強く介入しました。一次評価項目は「心血管系による死亡、非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中、狭心症入院」です。最長13.5年観察する計画でしたが、これ以上延長しても結果が変わらないと判断され、昨年に中止されました(平均9.6年観察)。

体重減少は1年の段階で 8.6% 対 0.7% (介入群、コントロール群)、終了時点で 6.0% 対 3.5% (同)であり、介入群のほうが減量しています。介入群は、HbA1cが低く、フィットネスが高くなっていました。介入群は、LDLコレステロール以外の心血管系リスクが全て減少していました。ここまでは良いことづくめですが、肝腎の脳心血管系イベントに差がありませんでした(HR:危険率、 0.95)。



簡単に説明しますと、食事カロリーを減らし、積極的に運動して体重を減らしても、脳心血管系イベントが減らなかったという成績です。介入群の体重減少が途中で緩んでいること、スタチンなど血管保護作用のある薬がコントロール群にも使われて介入効果が薄れていることなどが考察されています。

糖尿病における心血管系合併症の予防は、血糖コントロールを厳しくしてもうまくいかないことが常識になってきています。血圧やコレステロールなど、総合的な対応が求められ、なかなか手ごわい相手と思います。見方を変えると、高血圧や高脂血症の薬に良い薬ができていることを感じます。久山町研究で高血圧が心筋梗塞のリスクでなくなったのも治療の進歩です。

いっぽうで、生活習慣への積極的介入は、糖尿病の部分的寛解をもたらし、尿失禁、睡眠時無呼吸症候群、うつ病の減少、生活の質、身体機能、運動能の改善をもたらしています(すべてLookAHEAD研究)。「生活習慣の改善が無意味」ということでありませんので、間違いのないようにお願いします。


平成25年7月11日

日本人はどれだけのトランス脂肪酸を摂っているか

農林水産省が実施した調査研究(2008年)では、日本人のトランス脂肪酸摂取量は平均0.92〜0.96g/日と推定されています。これは平均総エネルギー摂取量の0.44〜0.47%に相当します。

WHOは総エネルギー摂取量の1%を超えないように勧告しています。これを基に判断をしますと、日本人のトランス脂肪酸摂取量は少ないようです。しかし食生活には個人差が大きく、平均が小さいことと、みんなが大丈夫なことは異なります。

別の調査では、特に女性においてトランス脂肪酸摂取量が問題にすべき量であることが報告されています(J Epidemiol 2010)。この論文では30-69歳の225人(成人)の16日間の食事記録をもとにトランス脂肪酸摂取量を推定しています。国内4箇所の成績です。


脂肪摂取量とトランス脂肪酸摂取量(総エネルギー摂取量との比)の平均値は、(1) 女性で、56.9 g/日 (27.7%) と 1.7 g/日 (0.8%)、(2) 男性で、66.8 g/日 (25.5%) と 1.7 g/日 (0.7%) です。トランス脂肪酸の平均摂取量は少ないのですが、女性の24.4%、男性の5.7%が総エネルギー摂取量の1%を超えています。特に都市部、30-49歳の年齢層においてトランス脂肪酸の摂取量が多くなっています。女性では菓子類、男性では油脂類からの摂取が多いようです。

日本食品分析センターによるトランス脂肪酸含量を紹介しておきます(平成19年3月)。マーガリン: 8.1(0.4-13.5)、ショートニング: 13.6(1.2-31.2)、ビスケット類: 1.8(0.04-7.3)、その他菓子類: 0.49(0-12.7)、ケーキ・ペストリー類: 0.7(0.25-0.7)、マヨネーズ: 1.2(0.49-1.65)(g/100g)です。


農林水産省はトランス脂肪酸だけを問題にしてはいけないと述べています。これは確かにそのとおりで、脂質全体や塩分摂取などにも目を配る必要があります。また低トランス脂肪酸にしたいがために、飽和脂肪酸を増やしている商品もあります。前に紹介しましたが、飽和脂肪酸の多いパーム油はトランス脂肪酸を22%含む大豆油と同程度に心筋梗塞を増やします(J Nutr2005)。

食事全体のバランスに関心を持ちましょう。片寄った食事になっている人は、これを機会に考えて見ましょう。


平成25年4月26日

トランス脂肪酸が規制され、何が増えたか

前回お示ししたのは、まだトランス脂肪酸が規制されていない時の成績です。その後、あちこちの国で規制が始まりました(我が国ではまだ規制されていません)。

米国、リトアニア、チェコ、ポーランド、ハンガリーで、脂肪酸の割合が規制前後でどのように変わったかを検討した成績がありますので、紹介します(NEJM2009)。


19食品を大きなスーパーやファーストフードの店で2005-2008年に買っています。フレンチフライを例にとります。全脂肪に占める各脂肪酸の割合ですが、各国の値を平均するとトランス脂肪酸は18%ほど減っています。一価不飽和脂肪酸は0%で、変わりません。飽和脂肪酸も0%で、変わりません。多価飽和脂肪酸は19%ほど増えています。

トランス脂肪酸の規制によって、身体に悪い飽和脂肪酸が増えるかもしれないと危惧されていましたが、実際は増えなかったようです。

ケーキ、クッキーでは米国は飽和脂肪酸が100%近くまで増えています(良くない!)。他国ではそれほど極端でなく、望ましい変化になっています。


米国のスーパーマーケットの食品、レストランを対象に、トランス脂肪酸規制前後で脂肪酸の割合がどのように変わったかを検討した論文もあります(NEJM2010)。2008-2009年の成績を1993-2006年の成績と比較しています。


スーパーの商品(58食品)では、トランス脂肪酸は2.1gから0.3gに、飽和脂肪酸は1.9gから2.6gに、「トランス脂肪酸+飽和脂肪酸」は4.0gから2.8g になっています。レストラン(25軒)の食事では、トランス脂肪酸は3.5gから0.2g、飽和脂肪酸は6.4gから5.8g、「トランス脂肪酸+飽和脂肪酸」は9.9gから6.1g になっています。


2つの論文から見えることは(例外はありますが)、トランス脂肪酸の規制は飽和脂肪酸をあまり増やさず、望ましい方向に働いたことです。我が国でもそうあって欲しいものです。


平成25年4月25日

ファーストフードのトランス脂肪酸(規制前)

今回は、マクドナルドとケンタッキーフライドチキン(KFC)トランス脂肪酸量についてです。
2004-2005年に実際にお店で買った食品を測定して、国別に評価しています(NEJM2006)。
この時点ではトランス脂肪酸を規制している国はごく少数で、規制前の値です(注:我が国では現時点でトランス脂肪酸を規制していません)。

同じチェーン店でも、トランス脂肪酸の含量は国によってまったく異なります。たとえばフレンチフライ171gチキン160gを食べたとします。そうすると、デンマークやドイツでは1g未満、ニューヨークでは10g(以上、マクドナルド)、ハンガリーでは24g(KFC)のトランス脂肪酸を摂ったことになります。

マクドナルドでフレンチフライに使われる調理油のトランス脂肪酸含量は、米国店、ペルー店で23%、24%と多く、多くのヨーロッパ諸国では10%程度。スペインでは5%、デンマークでは1%と少な目です。

KFCでは30%を超える油をフレンチフライに使用している店もあります。ハンガリー、ポーランド、ペルーでは35%、42%、31%もトランス脂肪酸を含んでいます。デンマーク、ドイツのウィスバーデンで少なく、2%、1%です(同じ国内でも異なり、ドイツのハンブルグでは7%と多めです)。

この論文では、我が国の値が測定されていないのが残念です。


平成25年4月24日 


prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next