院長ログ

糖尿病の歴史10 (中世ヨーロッパの尿検査)

血糖が尿糖排泄閾値を超えて高くなると、尿に糖が出ます。しかしながらヨーロッパでは尿糖はなかなか知られませんでした。あのパラケルススも糖に考えが及んでいません。中世ヨーロッパで行われていた尿検査は主に色をみています。今回は尿の色検査(ウロスコピー)について紹介します。

ウロスコピーはまず特別な尿フラスコを用意します。尿フラスコは「厚さが均一、かつ色のついてない透明な瓶」で、上がすぼまっています。患者はこれに尿をとり、医師はその色をみて病気を診断します。置いておくと尿が濃くなり、温度の変化もあって色調が変化しますので、わりと速やかに検査を行います。尿の色をみることは、古代エジプト医学から始まっていますが、中世ヨーロッパ医学で強調されました。

中世ヨーロッパ医学の主流は四体液説です。四体液説は、4種類の体液(血液、粘液、黄胆汁、黒胆汁)に変調が起きた時に病気が生じると考える説です(ヒポクラテスの項参照)。この説に従えば、「尿は体内と直接に接触しており、とくに色は四体液と密接に関連している。それ故に尿は個人の健康状態を示す」と考えられます。尿の色はとても大切なのです。

ウロスコピーは大流行し、尿だけで病気の鑑別、年齢・性別さらには未来までわかるとされました。いくらなんでも行き過ぎですね。これに反対して大きな声を上げたのが、英国のブライアンです。彼は臨床経験が10年に満たない医師でしたが、1637年に「尿予言あるいはある尿瓶講義」という本を書きました。批判対象は、ウロスコピーを尿予言として扱って診療する人たち(藪医者、経験主義者)です。

少し脱線します。この本は表紙をみていてもなかなか面白く、「今まで英語を話す人によって出版されたことがない」とか「ロンドン居住、今はエセックスのコルチェスターに居住」とか書いています。今だったら本の帯に載る宣伝文でしょうし、新旧の居住場所まで書くんですね。藪医者はクワックと記され、こっそり使われるべき隠語が堂々と表紙に使われています(クワック→ガチョウの鳴き声→英語でダック→ドクターです)。

12章の扉には「尿だけで病気の診断をしてはならないこと。病人がどのように病気になったのか厳密に診察し、この卑しい習慣(尿予言)がいかにでてきたのかを知らないで、尿の判断をしてはならないこと」とあります。検査だけをみていてはだめですよ、という彼の言葉は今も当てはまります。


平成27年4月3日
一覧に戻る