院長ブログ一覧

14種類の食事療法の分析:食事療法の効果は長続きしない?

今回紹介するのは食事療法に関する論文121編をまとめた成績です(BMJ 2020)。これまでにいろいろな食事療法が論文として発表されています。今回の論文は14種類の食事療法のまとめです。

論文には全体で21,942人が参加しています。検討した食事療法を大栄養素(炭水化物、脂質、蛋白質)の配分で分類しますと、(1) 低炭水化物食に分類される食事療法が3種類、(2) 低脂肪食に分類されるものが2種類、(3) 中庸栄養配分食に分類されるものが8種類でした。

「旧石器時代食」は論文によって栄養配分が異なり、低炭水化物食に分類されるものと、中庸配分食に分類されるものがありました。

6ヶ月の時点で判断すると、低炭水化物食と低脂肪食は通常食に比べて同程度の体重減少(4.63kgと4.37kg)を来し、同程度の収縮期血圧低下(5.14mmHgと5.05mmHg)、拡張期血圧低下(3.21mmHgと2.85mmHg)を認めました。

低炭水化物食や低脂肪食に比べると、中庸配分食では体重の減少(3.06kg)や血圧低下がやや少ない(収縮期血圧3.48、拡張期血圧1.88mmHg)成績でした。

LDLコレステロール減少は、低脂肪食(7.08mg/dl)、中庸配分食(5.22mg/dl)で大きくなりました。低炭水化物食では減少傾向にとどまりました(1.01:-2.96〜4.96mg/dl)

どの食事療法もHDLコレステロール、CRPの有意な改善を認めませんでした。

12ヶ月経つと、減量効果はどの食事療法でも小さくなりました。また地中海食を除いて心血管系リスク改善もほぼ消失しました。

ネットワーク分析では、6ヶ月の時点で食事療法に違いを認めましたが、その差は小さく、12ヶ月後ではほとんど無視できるくらいになっていました。

どの食事療法も最終的にほぼ同じと読めますが、安全性と実行性は別に考える必要があるかもしれません。この論文ではありませんが、初期に大きな減量を来す食事療法はバランスを崩す可能性が指摘されています。

「日本食」が検討されていないことが残念ですね。


令和2年9月24日

プロトンポンプ阻害剤(胃酸分泌抑制剤)と新型コロナウイルス感染

プロトンポンプ阻害剤(PPI:胃酸分泌抑制剤、ランソプラゾール、ラベプラゾールなど)とコロナウイルス感染の論文が発表されました。初めは短報としてオンライン掲示されたものですが、多くの人の興味を引いたため、分析を追加し、討論内容を深めて大きな論文として再発表されたものです(Amer J Gastroenterol)。

最初の短報では3人の専門家が査読(論文審査)していました。再審査にあたり、外部査読者が2人追加されています。査読者以外にも、短報の読者から批判的吟味がなされています。さらにAmer J Gastroenterolは全データセットを送ってもらい、著者とは別の統計学者2人に分析を依頼しています。審査体制は万全です。

論文の内容は単純です。新型コロナウイルスとよく似たSARS-CoV-1ウイルスは、酸性環境(pH<3)で感染力が抑えられます。著者らは新型コロナウイルスでも同じではないかと考えました。PPIは胃酸分泌を抑えて胃内pHを上げます。そこでPPIの影響を見たところ、PPI服用者で新型コロナウイルスの感染が増えていることが観察されました。

参加者は53,130人、そのうち3,386人がコロナ陽性でした。PPIを1回/日服用している人で2.15倍、2回/日服用している人で3.67倍ほどコロナウイルス陽性者が多くなっていました。なおH2ブロッカー(胃酸分泌抑制剤:ガスター、ラフチジンなど)ではリスクの増加を認めませんでした(むしろ減少傾向)。

PPIは1回/日が原則の薬です。ところが処方医が2回/日で処方したり、また薬局で購入して自己判断で2回/日服用しています(米国では薬局で買える薬です)。2回/日以上服用している人の8割は、逆流性食道炎の症状悪化なしに1回/日に減量可能だそうです。著者の勧めはPPI減量、またはH2ブロッカーに変更です。PPIとコロナ重症度の関連を検討した研究が次に望まれます。

必要があって処方されているPPIは継続して服用して下さい。


令和2年9月10日

1