院長ブログ一覧

現代の狩猟採集民の食事は地域の都合で決まっている

現代の狩猟採集民の食事を分析した報告があります(Am J Clin Nutr 2000)。それによると、彼らの食生活は住んでいる地域によって大きく違っていて、現代人の食事療法の参考になるものはありません。

高緯度になるに従って植物性の摂取量が減少し、狩りや漁業に依存するようになります。これは得られる食材の変化によるものです。ツンドラ地帯では永久凍土が地下に広がっていて樹木が育ちません。この地域に住む狩猟採集民では、植物性食材はわずか1割に過ぎず、狩りによる動物性食材が4割、漁業による食材が5割を占めています。一方、低緯度の熱帯〜亜熱帯では植物がよく育ちます。この地域の狩猟採集民族では、植物性食材が4割と多くなり、狩りによる動物性食材が3〜4割です。炭水化物の摂取量は、南北緯度11-40度内の地域でほぼ一定(全摂取エネルギーの30-35%)しています


平成30年4月23日

旧石器時代の現人類の食事

旧石器時代の現人類の食事内容です。昔のことがどこまでわかるのか不思議なところもありますが、考古学の進歩と共に得られる情報量が多くなっているそうです(Eur J CLin Nutrition 1997)。

典型的な炭水化物摂取量は総カロリーの45-50%、現代日本人よりやや少なめかもしれませんが、現代人とそう変わりません。しかし野菜、果物の摂取量が極めて多く、穀類はごくわずかしかなく、精白したものがありません(旧石器時代後期)。野菜と果物はよく食べていて、摂取量はおそらく現代西洋人の3倍くらいだそうです。食物繊維も1日100gを超えるようです。

家畜肉はまだありません。狩りをして捕ってくる野生動物の肉ですので、家畜肉よりも身体に良い肉かもしれません。「狩猟肉」は「家畜肉」より脂肪が少なく(100g中にそれぞれ4.2gと20.0g)、コレステロールを上げやすいミリスチン酸+パルミチン酸含量も少ない(100g中にそれぞれ0.99gと5.64g)とされています。蛋白摂取量は総カロリーの30%あり、体重1kgあたり2.5-3.5gと相当に多めだったと考えられています。

コレステロール摂取量は〜480mgとかなり多かったようです。しかし、不飽和脂肪酸/飽和脂肪酸比が高く、飽和脂肪酸が少なく、摂取総脂肪量が低い食事だったので、血中コレステロールは高くなかったと推定されています(平均125mg/dlくらいと書いてありますが、どのように推定したのでしょうね)。


平成30年4月4日

1