院長ブログ一覧

糖尿病は動脈硬化を促進させるが、その影響は女性の方が強い

糖尿病は動脈硬化を促進させます。この促進効果は何故かわかりませんが、女性の方が男性より強く起こります。以前にこのことを紹介しましたが、最近新しい論文が出ましたので紹介します(Lancet 2018)。

今回発表された論文はメタ解析論文です。前向き調査の論文68編、980,793人(35-89歳)を分析しています。各個人レベルの「年齢、性、糖尿病有無、総コレステロール、血圧、タバコ、身長・体重(BMI)」の情報をもとに分析しています。

全部で76,965人が亡くなられていますが、うち19,686人が動脈硬化疾患(虚血性心疾患、脳梗塞、他の動脈硬化に起因する疾患)による死亡です。糖尿病以外の「動脈硬化の危険因子」の影響を補正してから、糖尿病の影響を検討しています。

その結果ですが、糖尿病による「動脈硬化疾患死亡リスク」は男性で2.10、女性は3.0でした。糖尿病は男女とも動脈硬化を促進しますが、その影響は女性に強く出ました。

年齢別分析では、若い人に影響が強く出ました。男女合わせての分析で「動脈硬化疾患死亡リスク」は若年層(35-59歳)で2.60、高年齢層(70-89歳)で2.01でした。

性別・年齢別を合わせますと、糖尿病の影響が最も強く出たのは「若年層の女性」で、このグループのリスクは5.55でした

上の数字は糖尿病の相対的な影響をみています(糖尿病があると死亡が何倍に増えるかをみています)。どの年齢層でも男性の方が女性に比べて多くの人が動脈硬化で亡くなっています。そこで糖尿病の絶対リスクを評価するために、過剰死を計算しました。過剰死は糖尿病があると余分に増える死亡のことです。糖尿病による「動脈硬化疾患死亡の過剰死」は男性と女性が同じくらいでした

以上を合わせますと、糖尿病があると「動脈硬化疾患死亡」が増えます。男女とも生活習慣を改善してリスクを下げるのが大切です。動脈硬化の主要リスクで補正しても男女差が残っていました。そのためリスクの男女差(原因不明)が生活習慣改善で小さくなるのかは不明です。


平成30年8月28日

PREDIMED研究の論文修正

以前にPREDIMED研究(NEJM 2013)を紹介しましたが、データの集め方に問題があり、解析方法を修正して再発表されました(NEJM 2018)。数字を捏造したのでないので論文修正が認められたのでしょうが、本来、あってはならないことです。

PREDIMED研究は地中海食、特にオリーブオイルやナッツ類の効果を調べた研究です。ランダム化研究だったのですが、「ランダム化して割り当てる」作業をしなかった施設がありました。このランダム化というのは、食事療法を割り当てる時に「偏りがない」ように割り当てることです。

手順に違反していたのは施設B, 施設Dです。その他に家族425人も含まれます。家族というのは、同じ家庭に属する2人目の人です。食事療法の研究ですので「食事を共にする同じ家庭の2人に異なった食事療法を割り当てる」ことができません。そのため、2人目の登録をランダム化せず、1人目と同じ食事を割り当てていました。この割り当て方が手順違反です。

ランダム化研究でなくなりましたので論文の質評価は少し落ちますが、幸い結論は同じでした。

旧論文で、
心血管イベント(心筋梗塞、脳卒中、心血管死)リスクが
  地中海食オリーブ油群で0.70(0.54-0.92)、
  地中海食ナッツ群で0.72(0.54-0.96)に減少でしたが、

新論文でも、 
  地中海食オリーブ油群で0.69(0.53-0.91)、
  地中海食ナッツ群で0.72(0.54-0.95)でした。

またランダム化しなかった1588人を除いても同様の結果でした。地中海食は健康に良さそうです。


平成30年8月1日

オメガ3脂肪酸は心血管系疾患予防に効く?、効かない?

オメガ3脂肪酸は魚油に多く含まれる脂肪酸で、代表的なものにEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)があります。市販されているサプリでもオメガ3脂肪酸は人気ですね。

最近、オメガ3脂肪酸の心血管系疾患予防効果に対するメタ分析が報告されましたので、紹介します(JAMA2018)。

一定の基準(500人以上参加、1年以上の治療観察、オメガ3脂肪酸服用、ランダム化比較試験)を満たした10論文を解析しています。全体を合わせると、61.4%が男性、平均年齢64.0歳で、平均観察期間4.4年の間に6273件の心血管系疾患のイベント(2695件の致死性心筋梗塞、2276件の非致死性心筋梗塞)、2001件の主要血管イベントがありました。

その結果ですが、心血管死にも、非致死性心筋梗塞にも、どのタイプの冠動脈疾患にもオメガ3脂肪酸サプリの効果はありませんでした。また、全体でもサブグループ分析でも主要血管イベントに有意な差はありませんでした。

ということで、このメタ分析論文では「オメガ3脂肪酸のサプリに効果なし」と結論しています。

組み入れられた試験を眺めてみます。
服用したEPAの量を見ますと、1800mg/日と服用量の多いJELIS試験では主要心血管系イベントが2割減少していました。次に服用量が多いDOIT試験(1150mg)も好ましい傾向が得られています。論文では「参加人数が563人と少なく有意差が出なかった」と結論づけています。次に多いのはGISSI-HF試験とGSIIS-P試験(ともに850mg)で、両論文ともに有意差をもって死亡、心血管死が減少しています。

もしかすると、本当の結論は「オメガ3脂肪酸の中途半端なサプリは効果がない」かもしれません。

EPAの服用量を多くした試験が進行中です。近いところではREDUCE-IT試験がほぼ終了しています。スポンサーは以前に紹介したアマリン社です。今年末(2018年)に解析結果がでるようで、この結果に期待したいと思います。


平成30年6月22日

インフルエンザは心筋梗塞の引き金になる

呼吸器系の病気が急性心筋梗塞の引き金になることがあります。インフルエンザにかかった時の心筋梗塞リスクについて論文が出ましたので紹介します(NEJM 2018)。

こういった研究ではインフルエンザ感染が正確に診断されているかが問題になりますが、今回の研究ではオンタリオ公衆衛生検査室、大学病院検査室でインフルエンザ感染を確認していて、精度の高い診断です。

上記検査室に呼吸器系ウィルス検査が提出された277,982検体のうち、148,307検体にインフルエンザ検査が行われ、19,729検体がインフルエンザ陽性でした。2W内にも検査が提出されてインフルエンザ陽性だった684検体を除き、また提出の前後各1年(2年間:下記のリスク期間とコントロール期間)に心筋梗塞を起こさなかった18,546検体を除いた499検体提出者で分析が行われました。

インフルエンザが検出された日を起点として、7日間をリスク期間とし、その7日間を除く前後各1年(2年間)をコントロール期間としました。

インフルエンザにかかって7日以内の心筋梗塞リスクは、6.05(3.86-9.50)と大きく増えていました。ウィルス別に細かくみると、インフルエンザBで10.11(4.37-23.38)、インフルエンザAで5.17(3.02-8.84)、RSウィルスで3.51(1.11-11.12)、その他のウィルスで2.77(1.23-6.24)でした。なお年齢別にみると、65歳以上で心筋梗塞が増えていました(若い成人では増えませんでした)。インフルエンザBのほうがインフルエンザAより悪い成績に見えますが、検出力の問題があってそうとは言えないそうです。


平成30年2月15日

prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next