院長ログ

配偶者が糖尿病なら、糖尿病リスクが増える

2型糖尿病の発症には体質(遺伝)と生活習慣が強く影響します。夫婦は生物学的に関連はありません(体質は共通しない)が、一緒に生活していて食べ物や運動など生活習慣が似通っています。配偶者が糖尿病の時に糖尿病を発症するリスクについてメタ分析した成績が発表されましたので紹介します(BMC Medicine 2014)。


2705文献から、系統的レビューができる6文献を選んでいます。2つが東アジア、2つが英国、1つが米国のヒスパニック、残り1つがスエーデンの文献です。メタ解析はこの中から糖尿病前状態と糖尿病を区別していない1文献(韓国)を除いた5文献(75,498夫婦、52-74歳)で行っています。

糖尿病の診断が申告に基づくものと、血糖測定に基づくもので多少成績は異なりますが、年齢などで補正を行った時のリスクは1.26でした(血糖測定に基づく文献では1.92)


つまり、配偶者が糖尿病であると、ご自身の糖尿病発症リスクが26%増えます。配偶者が糖尿病なら、2人共同して生活習慣に注意していくことが望ましいと思います。

平成26年1月30日
一覧に戻る