院長ログ

極端な低炭水化物食はやはり身体に悪い

昨年、炭水化物を減らし過ぎると死亡が増えることを紹介しました。最近、米国国民健康栄養調査の論文が発表されましたが、同様の内容です(Eur Heart J 2019)。この論文ではこれまで発表された論文のメタ分析もしています。

対象は米国国民健康栄養調査(1999-2010)の24,825人、平均観察期間が6.4年です。炭水化物摂取量を4分位に分けて分析しています。結果をみますと、炭水化物の摂取が最も少ない群(炭水化物が39%)は最も多い群(同66%)に比べて、総死亡が32%、心血管病死亡が50%、脳血管疾患死亡が51%、癌死亡が36%多くなっていました。肥満のない人の方が低炭水化物食の影響が強く、総死亡は肥満なしの人で48%、肥満の人で19%多くなっていました。

メタ分析の対象は9論文で合計462,934人、平均観察期間16.1年です。メタ分析でも低炭水化物食群で総死亡リスクが1.22と多くなっていました。

メタ解析した9論文をみると、実は1編だけ結論が異なっています。この論文は日本の論文(Brit J Nutr 2014.  NIPPON DATA80:対象9200人、経過観察期間29年間)で、低炭水化物食群(炭水化物が51.5%)が高炭水化物食群(同72.7%)に比べて、心血管系死亡・全死亡のリスクが減っていました。

結論が異なった理由ですが、食事背景が他の論文と異なっているからと考察されています。我が国は炭水化物摂取の割合が多く、低炭水化物食でも炭水化物の割合が50%を超え、他国の低炭水化物食の域にありません。以前に紹介したPURE研究では、炭水化物が50-55%のときに最も死亡リスクが少なくなっていました。その他にも低炭水化物食にするのに増減する食物の種類が異なる、社会階層が違うことも影響しているかもしれません。

麺類などが好きで炭水化物がとても多い方は、炭水化物を50-55%くらいまで減らす(1980年頃の低炭水化物食)のが良いのかもしれません。極端な低炭水化物食は良くないようです。


令和元年12月18日

一覧に戻る