院長ログ

インフルエンザワクチンを受けると 糖尿病患者の入院と死亡が減る

2年前にもインフルエンザワクチンをお勧めしましたが、新しい論文が出ましたので紹介します(CMAJ 2016)。

この研究は後ろ向きコホート研究(対象集団の過去の出来事を集計)で、英国の臨床診療研究データリンクから抽出した一次、二次ケアデータを用いています。124,503人の成人糖尿病患者を7年以上にわたり、心筋梗塞入院、脳卒中入院、心不全入院、肺炎/インフルエンザ入院、全死亡を観察しています。


7年の期間で623,591人・年の観察でした。インフルエンザワクチンを注射した人では、脳卒中入院(リスク 0.70)、心不全入院(0.78)、肺炎/インフルエンザ入院(0.85)、全死亡(0.76) とリスクが有意に減少していました。心筋梗塞入院リスクの減少(0.81)は有意ではありませんでした。


昨年のコクラン(Cochrane Databae Syst Rev 2015)でも、インフルエンザワクチンによる心血管死亡(リスク0.45)、複合心血管イベントの低下が示されています。

インフルエンザは、呼吸器だけが悪くなる病気ではありません。全身に強い影響を与える疾患です。この秋〜初冬にインフルエンザワクチンを接種されることをお勧めします。


平成28年8月30日

一覧に戻る